終の棲家リフォーム 一番気にしたいところは?

どうも、育みの家の長です。

栃木市にて終の棲家リフォームが進んでおります。

終の棲家リフォームで一番気にしておきたいところがあります。

築40年が経過している住まい。

住まい手は70代。

最低でも25年以上は心地よく暮らしてもらいたい。

構造、断熱、水まわり、仕上げなど必要な要素はありますが、

ますば屋根と壁!

雨漏りの心配がないようにするのが最優先ですね。

施工前

image

カバー工法で施工中

既存の屋根の上にルーフィングを敷いて

専用の金物を固定して

ガルバリウム鋼板で仕上げます!

image

終の棲家はまず屋根と外壁!!!

栃木のリフォーム・ガレージの相談が気軽にできるLINE@はこちら↓

友だち追加

お問い合わせはこちらからどうぞ♪

TEL:0282-51-2543 mail:[email protected]

著者

長 善規丸善工業 代表
栃木市在住 3児の父

鉄骨屋の跡取りなのにもかかわらず
木と自然素材と省エネを学んできた3代目
鉄と木と自然素材を活用して
栃木の「はたらく・くらす」を応援しています!

★資格
2級建築士・住宅ローンアドバイザー・暮らし省エネマイスター
ホームインスペクタター・福祉住環境コーディネーター2級
窯業サイディング塗替診断士・既存住宅現況検査技術者
電磁波測定士2級

→住まいの健康診断・育みリフォームHPはこちら

→オーダーメイド鉄骨ガレージはこちら

この記事を書いた人

栃木市在住 3児の父

鉄骨屋の跡取りなのにもかかわらず
木と自然素材と省エネを学んできた3代目
鉄と木と自然素材を活用して
栃木の「はたらく・くらす」を応援しています!

★資格
2級建築士・住宅ローンアドバイザー・暮らし省エネマイスター
ホームインスペクタター・福祉住環境コーディネーター2級
窯業サイディング塗替診断士・既存住宅現況検査技術者
電磁波測定士2級

→住まいの健康診断・育みリフォームHPはこちら

→オーダーメイド鉄骨ガレージはこちら

目次
閉じる