ガレージデッキの難易度は???

 

どうも、丸善工業3代目の長善規です。

半袖だと涼しくて、長袖だと暑くなる季節ですね。

ヒートテックだと暑すぎるので下着の選択が難しいところです。

 

木製の既存ガレージデッキを解体した

今週頭からガレージデッキ工事がスタートしました。

既存ウッドデッキ

手すりや土台は腐朽しており、少し心配です。

木製だとスパンが短いですよね

床材にはイペが使われており木材そのものは頑丈です。

イペ材はキレイに解体して再仕上げを施します。

 

幕板はSPF。湿気の多い部分や水が抜けないところはオガクズ状態です。

幕板の状態

解体後はこんなにスッキリ!

大工さんと解体業者さんと一緒にキレイに解体すると・・・

支柱も解体してスッキリ!

落ちないように養生も!

 

予定通りすっきりキレイに解体できました。

来週はガレージデッキ下地として鉄骨梁の工事に入ります。

現在は解体後に再度寸法を確認した上で鉄骨の梁を工場で加工中です。

もう少々お待ちくださいね。

ガレージデッキのいいところ

敷地は限られてますからガレージやカーポートを建てるとその分使える面積が減ってしまいますよね。

「お庭で遊びたい!」

「デッキでのんびりお茶したい!」

「人目を気にせず日焼けしたい!」

「子どもとプール遊びしたい!」

そんな要望ありませんか?

 

ガレージデッキのいいところは駐車スペースを確保しながら庭を設けられるってところですよね。

塀やカタチを工夫することでさまざまな要望が叶えられるようになります。

 

鉄骨の骨組みならば構造は安心。

なかにはブランコを設置したり、

ロープを垂らして遊んだり、

チェーンブロックでバイクやエンジンをいじったりとカスタマイズが可能です。

 

参考記事はこちらをどうぞ↓

まとめ

ガレージデッキを考えられる方の場合、

敷地に高低差があったり、

敷地が狭くて有効活用したかったり、

と悩みがありますね。

 

木と鉄を上手に活用することで

駐車スペースを確保しながらデッキ空間を楽しめると。

 

DIYでガレージデッキをやりたい人も

下地は鉄骨で作っておけば安心ですね。

基本的にガレージデッキは難易度は高め。

木と鉄両方の経験と知識が必要です。

慣れている作り手に相談してみてくださいね〜〜〜〜。

ではでは。

 

栃木のリフォーム・ガレージの相談が気軽にできるLINE@はこちら↓

友だち追加

お問い合わせはこちらからどうぞ♪

TEL:0282-51-2543 mail:[email protected]

著者

長 善規丸善工業 代表
栃木市在住 3児の父

鉄骨屋の跡取りなのにもかかわらず
木と自然素材と省エネを学んできた3代目
鉄と木と自然素材を活用して
栃木の「はたらく・くらす」を応援しています!

★資格
2級建築士・住宅ローンアドバイザー・暮らし省エネマイスター
ホームインスペクタター・福祉住環境コーディネーター2級
窯業サイディング塗替診断士・既存住宅現況検査技術者
電磁波測定士2級

→住まいの健康診断・育みリフォームHPはこちら

→オーダーメイド鉄骨ガレージはこちら

この記事を書いた人

栃木市在住 3児の父

鉄骨屋の跡取りなのにもかかわらず
木と自然素材と省エネを学んできた3代目
鉄と木と自然素材を活用して
栃木の「はたらく・くらす」を応援しています!

★資格
2級建築士・住宅ローンアドバイザー・暮らし省エネマイスター
ホームインスペクタター・福祉住環境コーディネーター2級
窯業サイディング塗替診断士・既存住宅現況検査技術者
電磁波測定士2級

→住まいの健康診断・育みリフォームHPはこちら

→オーダーメイド鉄骨ガレージはこちら

目次
閉じる