大規模リフォーム施工中に心掛けておきたい3つのポイント

どうも、栃木の『働く×暮らす』を木と鉄と遊び心で応援する建築屋 育みの家3代目の長善規(@maruzen3rd)です。

大規模リフォーム施工中の現場がこちら。大工さんも職人さんたちもみんな頑張ってくれてます。この大規模リフォームはかなり時間がかかってますね。それもそのはず、耐震や断熱性能向上に加えて間取りも変更。まるで「新築○っくりさん」!?ま、あのメーカーさんに負ける気はしませんけどね♪

大規模リフォーム施工中に心掛けておきたい3つのポイント

なかなか大規模リフォームをする機会はないと思います。でも、もしも、万が一、大規模リフォームをするときに心掛けておきたいポイントをご紹介しますね。

  1. できるだけ余裕もつ
  2. 無理はしない
  3. 完成後のイメージを楽しむ

詳しく説明していきます。

1.できるだけ余裕をもつ

これは期間と費用の両面です。大規模リフォームにはあけびっくり、あわせてドッキリの場面がでてきます。キツキツの工程や費用だと対応が難しいケースも。その辺りを想定して段取りしている施工店ならば大丈夫ですが、いつの間にやら予算オーバーなんてことになりかねません。気をつけましょうね。

2.無理はしない

片付けや仮住まい、お茶出しなど施工中は無理しないように。あれもこれもと頑張ってしまうと気疲れしてしまいます。特に「お茶出し」は義務ではありませんからね。

3.完成後のイメージを楽しむ

大規模リフォームとなってくるとその後10年20年と住みつぐ家となるでしょう。笑顔溢れる新しい暮らしが待ち受けてるわけですね。家具はどうしようかな?カーテンは?と新しい暮らしをイメージすることで楽しんでみませんか?

大工工事もあと少し!頑張りまーす!!!

栃木のリフォーム・ガレージの相談が気軽にできるLINE@はこちら↓

友だち追加

お問い合わせはこちらからどうぞ♪

TEL:0282-51-2543 mail:[email protected]

著者

長 善規丸善工業 代表
栃木市在住 3児の父

鉄骨屋の跡取りなのにもかかわらず
木と自然素材と省エネを学んできた3代目
鉄と木と自然素材を活用して
栃木の「はたらく・くらす」を応援しています!

★資格
2級建築士・住宅ローンアドバイザー・暮らし省エネマイスター
ホームインスペクタター・福祉住環境コーディネーター2級
窯業サイディング塗替診断士・既存住宅現況検査技術者
電磁波測定士2級

→住まいの健康診断・育みリフォームHPはこちら

→オーダーメイド鉄骨ガレージはこちら

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

栃木市在住 3児の父

鉄骨屋の跡取りなのにもかかわらず
木と自然素材と省エネを学んできた3代目
鉄と木と自然素材を活用して
栃木の「はたらく・くらす」を応援しています!

★資格
2級建築士・住宅ローンアドバイザー・暮らし省エネマイスター
ホームインスペクタター・福祉住環境コーディネーター2級
窯業サイディング塗替診断士・既存住宅現況検査技術者
電磁波測定士2級

→住まいの健康診断・育みリフォームHPはこちら

→オーダーメイド鉄骨ガレージはこちら

目次
閉じる