水道凍結要注意!給湯器もね!

どうも育みの家の長です。

 

大寒波きてますね!

今週の予想最低気温は氷点下。

となると考えられるのは、

「水道凍結」

N695_kuchitasuidoutonagasiba-thumb-autox1500-14266

凍結してしまうと水道が使えなくなるだけでなく

水道管破裂の恐れもあります。

 

水道凍結対策は?

朝、起きたら・・・・水が出ない!

そんなことにならないために!!!

 

①水抜きをせよ

水がなければ凍らない!?

元栓をしめて蛇口をあけると、水道管の中の水が出てなくなります。

でも・・・・夜中のトイレはどうするの???

お出かけする際にはオススメできます♪

 

②保温せよ

水道メーター給湯器の出入り口外部に露出している水道管などなど

保温材、凍結防止ヒーター、毛布で保温してください

特に北側の水道管は要注意ですからね。

 

③蛇口からちょろちょろ水を流しておく

昔ながらの知恵ですね。

ポイントは水道メーターから一番遠いの蛇口にしておくこと!

水道管の中の水を動かしておくことで凍結を防ぐという考えですね。

 

www.suidou.city.sendai.jp
ご指定のページは見つかりませんでした - 仙台市水道局
http://www.suidou.city.sendai.jp/02_kurasi/pdf/touketu.pdf

 

もし凍結してしまったら

それでも凍結してしまったら、

①ムリに蛇口を開かない!

※パッキンが傷んでしまいます。

 

②蛇口の場合、タオルを巻いてお湯をかけましょう

※直接はかけないこと!!!

 

③メーター前後の場合、やはりタオルを巻いてお湯をかけましょう

※メーターにはかけないこと!!!

 

④ドライヤーなどで温風で暖める

※急がばまわれ

 

もし破損・漏水してしまったら

すぐにお近くの設備業者・工務店にご相談を!!!

あなたの家守りの連絡先はすぐにわかるようにしておきましょう!

 

じぶんたちの暮らしはじぶんたちで守りましょう!!!!

栃木のリフォーム・ガレージの相談が気軽にできるLINE@はこちら↓

友だち追加

お問い合わせはこちらからどうぞ♪

TEL:0282-51-2543 mail:[email protected]

著者

長 善規丸善工業 代表
栃木市在住 3児の父

鉄骨屋の跡取りなのにもかかわらず
木と自然素材と省エネを学んできた3代目
鉄と木と自然素材を活用して
栃木の「はたらく・くらす」を応援しています!

★資格
2級建築士・住宅ローンアドバイザー・暮らし省エネマイスター
ホームインスペクタター・福祉住環境コーディネーター2級
窯業サイディング塗替診断士・既存住宅現況検査技術者
電磁波測定士2級

→住まいの健康診断・育みリフォームHPはこちら

→オーダーメイド鉄骨ガレージはこちら

この記事を書いた人

栃木市在住 3児の父

鉄骨屋の跡取りなのにもかかわらず
木と自然素材と省エネを学んできた3代目
鉄と木と自然素材を活用して
栃木の「はたらく・くらす」を応援しています!

★資格
2級建築士・住宅ローンアドバイザー・暮らし省エネマイスター
ホームインスペクタター・福祉住環境コーディネーター2級
窯業サイディング塗替診断士・既存住宅現況検査技術者
電磁波測定士2級

→住まいの健康診断・育みリフォームHPはこちら

→オーダーメイド鉄骨ガレージはこちら

目次
閉じる