オーダーメイドの鉄骨カーポートの費用を考えてみよう

どうも、育みの家代表ちょーさんです。

今年はドカ雪は降らないかな?なんて油断してると来たりするんですよね。

2014年、大雪が二週連続で降った時のことを覚えていますか?アルミカーポートの屋根が雪の重みで落ちてしまい愛車が傷ついてしまった人もいるのでは?

【おれのガレージ】の被害はなかったけれど、雪のたびに不安な気持ちでになるのは嫌ですよね。

そこ最近需要が伸びてきた鉄骨カーポートについてまとめてみようと思います。

目次

オーダーメイド鉄骨カーポートとは

既製品のカーポートと異なり、

敷地の条件やクルマの大きさ、

ブランコやチェーンブロックの設置、

壁などのカスタマイズ性に富んでいるのが

オーダーメイド鉄骨カーポートの醍醐味です。

クルマ一台分から製作が可能。

クルマだけでなくバイクや自転車、外構グッズなども収納できるようにもなります。

クルマ2台+収納+目隠し

鉄骨カーポート費用の目安

鉄骨カーポートは見積もりがシンプルです。

鉄骨本体の材料と加工費・屋根・塗装・基礎・板金・諸経費といったところ。

鉄骨カーポートには柱を埋め込む基礎が必要になります。

また土間コンクリートは別途。あくまで本体の目安と考えてくださいね。

 

大体こんな感じになります↓

□クルマ一台分(3×6)・・・130万程度

□クルマ二台分(6×6)・・・180万程度

□クルマ三台分(9×6)・・・240万程度

屋根の高さや仕様、大きさ、カタチなどオーダーメイドで決定しているので定価というものがありませんが参考になるかな♪

 

雪なんかに負けない頑丈な鉄骨カーポート!

選択肢に入れてみませんか?

 


栃木のリフォーム・ガレージの相談が気軽にできるLINE@はこちら↓

友だち追加

お問い合わせはこちらからどうぞ♪

TEL:0282-51-2543 mail:[email protected]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

栃木市在住 3児の父

鉄骨屋のアトツギにもかかわらず

木と自然素材と省エネを学んできた3代目
鉄と木と自然素材を活用して
栃木の「はたらく・くらす」を応援しています!

★資格
2級建築士・住宅ローンアドバイザー・暮らし省エネマイスター
ホームインスペクタター・福祉住環境コーディネーター2級
窯業サイディング塗替診断士・既存住宅現況検査技術者
電磁波測定士2級

目次
閉じる