*

ガレージの構造は木?鉄骨?どっちがいいの?【おれのガレージ】

   

どうも、育みの家の長です。

 

しまうのは車だけではありません【おれのガレージ】

 

心地よいガレージライフをおくるためのガレージ講座  Vol.2

 

■ ガレージの構造は木?鉄骨?どっちがいいの?

ガレージの構造は「木」と「鉄骨」のどちらかがほとんどだと思います。

 

よく輸入ガレージやDIYガレージなど雑誌や広告で見受けられる木製ガレージ。

 

構造だけでなく、木の外壁や木製ドア、窓枠なども木にこだわって建てられる方もいらっしゃいます。

 

存在感もありなによりかっこいいですよね♪

 

では、ここで鉄骨ガレージと木製ガレージのメリットデメリットをあげてみましょう。

【木製ガレージ】
メリット
◯木の外観がインパクト大
◯優しい印象を受ける
◯内部も木なので棚や造作カウンターなど加工が簡単
◯値段もお手軽なものが多い

デメリット
☓外壁のメンテナンスが必要(塗装)
☓湿気対策、シロアリ対策が不可欠!
☓サッシや建具のソリなど調整が必要

外壁塗装をしないとくたびれた外観になってしまいがち。

 

しっかりと車やバイク同様にガレージに対しても

手入れをするかしないかによって耐久年数が大きく変わります。

 

DIYが得意な方向けだと思います。

【鉄骨ガレージ】
メリット
◯外壁の材料を上手に選定すればメンテナンスが簡単
◯掃除も高圧洗浄機で洗い流すだけ
◯耐荷重性もあるので、チェーンブロックやホイストクレーンなども装着可

デメリット 
☓木製に比べ加工は難しい
☓サビが出る
☓DIYではできない

メンテナンスがいらないこと。

万が一、車をぶつけたとしてもたいだい鉄骨の強度の方が勝る。

たくさん柱をいれる必要がない。

耐久性には鉄骨ガレージに軍配があがるか!?

 

wpid-dsc_4651.jpg

木製ガレージ輸入セットの中には、

日本の梅雨を想定していない気候の国のものがあるので

要注意です!

一生懸命作ったのに

あっという間に虫にくわれ、カビが生えてきた・・・

なんてことにならないように!

賢いガレージライフを楽しみましょう♪

【関連記事】

しまうのは車だけではありません【おれのガレージ】

 

毎月第一土曜日開催【暮らし育みセミナー】

 

□栃木の新築・リフォームの施工事例など育みの家のすべてがここに網羅!
⇛育みの家のHPはこちらから

所ジョージが好きな人、世田谷ベースに憧れてる人必見!
⇛こだわりの「おれのガレージ」が興味ある方はこちら

□カッコいい農家を目指したい方向け!
⇛オーダーメイド農業用倉庫「ファーマーズガレージ~おらが倉庫」が興味ある方はこちら

 

育みの家代表まるぜんジムコTwitterで時事ネタや好きなこと、趣味などつぶやいています♪ぜひフォローして絡みましょう♪

○育みの家代表 暮らし育みマイスター長善規 Twitter

ワンストップガレージ Instagram

○育みの家事務 まるぜんジムコ Twitter

 

※育みの家代表の本当の姿がここに出ています!
⇛ちょーさんってどんな人?

お問い合わせはこちら(電話に出られないこともあるので留守電にメッセージを♪)

TEL:0282-51-2543 mail:goodlifespace@maru-zen.biz

著者

長 善規育みの家 代表
栃木市在住 2児の父
鉄骨屋の跡取りなのにもかかわらず
木と省エネを学んできた3代目
鉄と木と自然素材を活用して
栃木の「はたらく・くらす」を応援しています!

★資格
2級建築士・住宅ローンアドバイザー・暮らし省エネマイスター
ホームインスペクタター・福祉住環境コーディネーター2級
窯業サイディング塗替診断士・既存住宅現況検査技術者
電磁波測定士2級
→住まいの健康診断・育みリフォームHPはこちら

→オーダーメイド鉄骨ガレージはこちら

 - おれのガレージ, 賢いガレージライフへの道