*

おばあちゃんのためにあたたかいお風呂を作る【実家リフォーム】

   

どうも、栃木の『働く×暮らす』を木と鉄と遊び心で応援する建築屋 育みの家3代目の長善規(@maruzen3rd)です。

介護リフォームで浴室をユニットバスへ

いつも元気だと思っていたおばあちゃん。腰を痛めてからというものの運動量が減っている。昔ながらのタイル貼りのお風呂はひんやり冷たくて冬はとても寒い。段差もあるしかなり危ない。

洗面所やキッチンの床もフカフカしていて危ない。フローリングが痛んでいるみたい。おばあちゃんが施設から戻ってくる前にバリアフリーリフォームをしよう。そうしよう!

そんなキッカケで実家の水回りリフォームを検討される方は多いです。家の中にいることが多いおじいちゃん、おばあちゃんのための【実家リフォーム】です。

ここで注意してもらいたいことがあります。

水回りリフォームと断熱リフォームはセットで考えよう!

お風呂やキッチンは綺麗にできます。クロスやフローリングを張り替えればもっと本当に綺麗な部屋になります。でもね、断熱補強工事をやっておかないと本質改善にはなりませんからね。

そのお部屋、

底冷えありませんでしたか?

隙間壁ありませんでしたか?

暖房の効きが悪くありませんでしたか?

たしかにタイル貼りのお風呂からユニットバスへ交換すれば冷え込みは軽減されます。そこに内窓や断熱補強を施してあげればより心地よい暮らしが叶えられますね。

育みの家での断熱補強の優先順位は

開口部 、床、天井、壁

の順。費用対効果を高くね。

あったかリフォームは住まい育み健康診断から

さむーいお家をなんとかしたい!と悩んでいる方はこちらの記事も参考まで。

家の中が寒いことで家族の健康が脅かされるってほんと!?

みんなで健康家族を目指しましょう♪

栃木のリフォーム・ガレージの相談が気軽にできるLINE@はこちら↓友だち追加

お問い合わせはこちらからどうぞ♪

TEL:0282-51-2543 mail:goodlifespace@maru-zen.biz

著者

長 善規育みの家 代表
栃木市在住 3児の父
鉄骨屋の跡取りなのにもかかわらず
木と自然素材と省エネを学んできた3代目
鉄と木と自然素材を活用して
栃木の「はたらく・くらす」を応援しています!

★資格
2級建築士・住宅ローンアドバイザー・暮らし省エネマイスター
ホームインスペクタター・福祉住環境コーディネーター2級
窯業サイディング塗替診断士・既存住宅現況検査技術者
電磁波測定士2級
→住まいの健康診断・育みリフォームHPはこちら

→オーダーメイド鉄骨ガレージはこちら

 - ちょーさんダイアリー, 住まい育み健康診断, 性能向上リフォーム, 育みリフォーム

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss